テクニック

NtInsight® は、金融リスク管理ソフトウェアパッケージ製品群として、現在と将来における金融リスク管理業務の高度なニーズに柔軟に且つ即座に応えるようデザインされています。

日々のファンディングと投資計画シミュレーション

NtInsight® は、時間軸に沿って日次シミュレーションを行ないます。VaR 算出に際してはリスクホライズン時点の時価を計算すれば事足ります。しかしながら、ALM 目的の場合には、複数の会計期間に亘るポートフォリオの変化を考慮する必要があり、その為には、日々のファンディング、決済処理、投資計画をシミュレーション上織り込むことが必要になってきます。さらに、資金不足やリスクリミットの超過といった非現実的な事象を避けるために、各勘定科目別残高をフォローする仕組みが求められます。当然のことながら、これらを実現するためには、単純な市場、信用VaR の計算と比較してより多くの計算量が求められます。

このような複雑で膨大な計算量を必要とするシミュレーションでも、NtInsight® であれば、その問題を全て解決してくれます。

Daily Funding and Investment Planning Simulation

最新のHPC 技術を用いることにより NtInsight® は、現在一般的に流通しているソフトウェア対比、格段に複雑なシミュレーションプロセスを実現できるようになりました。

包括的なリスク計算

NtInsight® はVaR や tail-VaR(或いはexpected shortfall、conditional VaR、expected tail loss)だけでなく、それらの限界概念であるmarginal VaR 、marginal tail-VaR といったリスク指標も同時に計算します。

NtInsight® は、さらに各リスク成分に対するVaR の偏微分係数に当たるComponent VaR も計算します。これによって、リスク要因別、例えば、通貨、金利、株式、および信用といった種類別に分解されたリスク量を確認することが出来ます。この指標によって多面的観点から、ポートフォリオのリスクを評価することができます。

NtInsight® では、リスクコントリビューションも計算可能です。これにより、各ポートフォリオセグメント、例えば、ビジネスユニット、地域、債務者といった構成要素別の配賦されたリスク量が計算可能です。

包括的なリスク計算

fat tail を表すN=1,000,000 VaR のチャート

ファット・テールリスクの認識

ファット・テールリスクの評価はVaR 計算において直面する最も大きな課題の一つです。Fat-tail は、正規分布と比較して非常に高い尖度を表し、分析には異なる統計手法を必要とします。ポートフォリオモデリングの際に正規分布だけを使用するシステムは、ファット・テールリスクを軽視する事になり、欠陥のあるVaR 計算を行う事となります。

Fat-tail分析におけるNtInsight® のひとつの解決策としてJohnson SU 分布の実装が挙げられます。Black-swan に象徴される将来イベントの備えとしてご利用ください。

Fat-Tail Risk Awareness

Johnson SU 分布はパラメータの指定によって広範囲の歪度や尖度を表現できます。これによってFat-tail な分布の表現が可能になります。

OLAP

NtInsight® を使うことによって、ポートフォリオのリスクプロファイルの鳥瞰図を描くことが出来ます。また、ポートフォリオ全体だけでなく、任意のセグメントのリスクプロファイルも同時に分析可能です。つまり、ビジネスユニット、地域、産業、あるいはその他、事前に規定されたセグメント属性であれば如何なる切り口にも対応する柔軟性を持っています。リスクの詳細を確認するには、分析したいオブジェクトをクリックするだけです。NtInsight® のドリルダウン機能によって構成要素の閲覧が可能になります。ドリルダウンは、企業のポートフォリオのトップ構造から、セグメント、各取引、最終レベルとしてはキャッシュ・フローの段階まで幅広い次元で利用でき、クライアントパソコンからのGUI操作だけで瞬時にその結果が表示されます。

OLAP (OLAP)

Hyper-OLAP cube を利用した多次元分析

統合された相関リスク

NtInsight® は統合VaR、即ち、市場リスク、信用リスクに関するリスクファクター間の相関を考慮した上でのVaR算出を行うことが出来る金融リスク管理ソフトウェアパッケージです。このようなリスク管理とリスク計算における統合的なアプローチによって、リスクエクスポージャーの包括的な分析が可能となり、全体のリスクの過小評価を防ぐ事が可能になります。

Integrated Correlation Risk

債務者相関

典型的には、債務者のリスクプロファイルは、国、産業あるいは株価指数に関連づけられて記述されます。NtInsight® ではこの機能を拡張し柔軟性を持たせています。データ設定次第で、経済指標をリンク対象として設定することさえ可能です。また、NtInsight® にはグループ企業間の相関構造を記述するための機能が備わっています。この機能によって、資本関係や親密な取引関係がある企業間において存在する、より強い相関関係についてシミュレーション上表現することが可能です。

Advanced Obligor Correlation

NtInsight® のユニークな企業グループ化機能によってシミュレーションに債務者の個別の関係性を織り込むことができます。

お問い合わせはこちら